むちうちなら新潟関屋整骨院

新潟関屋トップ画像

自律神経

悩みタイトル

息苦しくなるときがある。
夏でも手足が冷えるときがある。(一年中手足の冷えがあり、むくみなども気になる)
胃の調子が悪いときが多い。(胸焼けや胃痛など)
股関節が硬い(体の関節が硬く動かしづらい)
下痢や便秘が多い。(お腹の調子がなかなか安定しない)
めまいや耳鳴りのすることが多く日常生活に支障が出ている。
常に肩こりや腰痛がありセルフケアでは治らないことが多くイライラしてしまうことが多い。
毎朝起きる時に疲労を感じる。(睡眠時間が多いのにも関わらず疲れが取れない)
気候の変化に弱く悪天候時は症状が悪化する。
胸が締められる感覚がして苦しくなる時がある。
夢をよく見る。少しの物音や気配ですぐに起きてしまう。
顔だけ汗をかいたり手足だけ汗をかいたりする。

自律神経失調症に対する自院の考え

自律神経失調症とは広い意味で使われることが多い症状名です。
そもそも自律神経とは内臓を調節するための神経系で交感神経系と副交感神経系の2つの神経系の事をさしています。
自律神経失調症とはこの内臓をコントロールしている2つの神経が何らかの原因で上手く作用しなくなる事によって引き起こされる様々な症状の事をさしています。
当院では不定愁訴(身体に異常が診られないのに引き起こされている症状)として扱っています。
主な症状は動悸、めまい、立ち眩み、発汗、頭痛、吐き気、倦怠感、胃痛、下痢や便秘、食欲不振が挙げられます。
内臓のコントロールをしている神経系になるので様々な症状が出現します。人によってどの部位にどんな症状が現れるかは様々なのでこの症状と決まっているわけではありません。
まずは身体の異常を日常生活の中で少しでも感じたら詳しく調べる事をお勧めします。
関節痛や筋肉痛など直接的に身体に出現することも多いため整骨院にも多くのお悩みを頂く症状です。

自律神経の不調を放っておくとどうなるのか

自律神経失調症を放っておくと症状が悪化してしまいます。
多くの自律神経失調症の症状はストレスが原因と言われています。
そのストレスも2つに分けられて考えられていて内因的要因と外因的要因と言われています。
内因的要因とは自分自身に何かしらの原因がある場合です。
例えば生活習慣の乱れ(就寝時間の乱れ、食生活の乱れ、運動不足)が原因で自身の身体にストレスがかかっている場合などです。
外因的要因とは自分以外に何かしらの原因がある場合です。
例えば環境状態(寒暖、気圧、人間関係などのストレス)が原因で身体に症状が出てきてしまう場合です。
どちらが原因になってもすぐに改善が自分では出来ないことが多くお悩みを抱えすぎてしまい躁鬱状態やうつ病の発祥のキッカケになってしまったり不眠症など日常生活の中でもよりストレスになってしまう症状や状態の原因になってしまったりと悪化する事が考えられます。

当院の自律神経に対する施術とは

当整骨院ではそんな自律神経の症状や実際に自律神経失調症と診断されてしまった患者様も多くご来院されています。
そこで実際に当整骨院で行わせていただいている治療として鍼治療をさせていただいています。
全調整鍼というメニューになります。
内容としては鍼でツボや神経を直接刺激してあげて自律神経を整えてあげるというものです。
最初に腹診を行い患者様の症状に影響を与えている臓器や器官を探し出して対応したツボや神経系を調整していきます。各臓器のストレスを軽減させてあげることによって身体に現れている症状を改善させていきます。
また、矯正治療などの姿勢改善メニューも行なっています。ストレスが原因で姿勢が悪くなってしまい筋肉に痛みが出現してしまった場合、その筋肉の痛みもストレスになってしまいさらに症状を深刻化してしまう場合がある為です。

その施術を受けるとどう軽減するのか

まず鍼治療である全調整鍼の治療を受けて頂くことによって気の流れや神経系を調節してあげる事が出来ます。
通常と違う事が身体にとってストレスになってしまう為根本的に原因であるストレスを改善してあげることによって今の症状だけではなく、ストレスに強い、影響を受けづらい身体を作る事が出来ます。
また、矯正治療によっても症状を改善させてあげる事が出来ます。
ストレスを感じていたり、疲れている人は自然と姿勢不良になり筋肉にもストレスを与えてしまいます。肩が丸くなってしまったり、頭の重心が前方にズレてしまったり、猫背気味になってしまうことで引き起こされる筋肉の痛みを改善するには矯正治療が最適です。
この他にも電気治療など最適な治療を行ってあげることによって自律神経の乱れを整えていきます。
もちろん、自律神経失調症と診断されても患者様によって様々な症状の表れ方をする為、患者様一人ひとりの症状に合わせた医療を提案させて頂き一緒に改善していきましょう!

施術頻度はどのくらいか

通院頻度について説明させていただきます。
患者様のお身体の状態によってもちろん頻度や期間が異なってくるのですが鍼治療でストレスの改善やストレスに強い身体作りをしていく場合は大体1週間に1回~2回になります。
矯正治療で姿勢や生活習慣を改善していく場合は1週間に2回~3回程になります。
この頻度で治療をさせて頂くことによって身体の状態に合わせた治療を行うことが出来ます。
もちろん、忙しかったりなかなか通えないという患者様も通院出来る頻度によって治療内容のお話をさせて頂きますのでまずは当院にご来院して頂きお身体の状態を診せてください。
ご来院をスタッフ一同お待ちしております!

自律神経関連でよくある質問と回答①

Q&Aタイトル

Q.自律神経が乱れるとどのような症状が出ますか?

A.自律神経が乱れると、様々な症状が表れます。

自律神経は身体のオンとオフを切り替える重要な働きを担っています。日中は活動するために交感神経が優位になり、夜間はリラックスするために副交感神経が働きます。しかし、ストレスなどの要因によってこのバランスが崩れ、様々な不調が表れる可能性があります。

主な症状:不眠、頭痛、めまい、動悸、便秘、冷え、多汗、イライラ、不安感など

身体や精神的なストレスが増えると、交感神経が活発になり身体が活動状態になります。この状態が長く続くと副交感神経とのバランスが崩れ、リラックスしづらいなどの身体の不調を感じやすくなります。

自律神経関連でよくある質問と回答②

Q.自立神経の乱れの原因はなんですか?

A.自立神経の乱れの原因は、主にストレスによるものです。身体的、精神的な慢性のストレスがその影響を及ぼします。

人間関係や家族関係、勉強や仕事に対するストレスは、多くの方が長期間抱える悩みです。ストレスの程度は個人によって異なりますが、中には強いストレスを受け続けている方もいます。慢性的に過度なストレスを受けていると「がんばらなくちゃ」と体が感じ、交感神経ばかり活性化しがちになります。しかし、体は長期間戦闘態勢を維持できません。そのため、やがて体は疲れ果て、「さまざまな体の不調」として表れることがあります。

自律神経関連でよくある質問と回答③

頭痛イメージ

Q.自律神経を整えるにはどうしたらいいの?

A.自律神経を整えるには、まず生活リズムを整えることが肝要です。睡眠不足やストレス、過労など自律神経の乱れの原因は多岐にわたりますが、それに合わせた対処法が必要です。

自律神経を整えるためには、以下の方法がおすすめです。

・ウォーキングやストレッチなどの適度な運動を行う
・入眠、起床時間を一定にし、おおよそ7時間を確保する
・仕事や学校の活動時間を見直し、身体的な疲れを取る
・食生活を改善し、腸の働きや体内酵素を正常にする
・自律神経の通り道、首に対してのアプローチを行う
・鍼やリラクゼーションなどの施術を受ける

これらの方法を組み合わせて、自律神経のバランスを整えることができます。

自律神経関連でよくある質問と回答④

Q.自律神経失調症はどんな人に表れますか?

A.自律神経失調症は、主に長時間にわたるストレスなどの刺激にさらされた場合に、自律神経が過剰に反応して体のバランスが崩れる病気です。自律神経は体内の状態を一定に保つ役割を果たしており、気温の変化や精神的なストレスなどの外部刺激に対応して、内臓や血管の収縮・拡張、ホルモン分泌など、すべての体内の器官を調整しています。

この病気にかかりやすい人は、性格的には、真面目で責任感が強い人、几帳面で心配性の人、内向的な人などとなります。また、体質的には、冷え性や低血圧、虚弱体質、痩せている人などという特徴があります。こういった方は、ストレスの影響を受けやすいので注意が必要です。

男性にも起こる病気なのですが、主に発症するのは女性であり、思春期や更年期、出産後など、ホルモンの変化が自律神経に大きな影響を与えることが要因です。このような人もストレスへの注意が必要です。

自律神経関連でよくある質問と回答⑤

Q.自律神経とうつ病は関係ありますか?

A.うつ病や神経症(ノイローゼ)には、倦怠感や食欲不振などの身体症状を伴うものもあります。その一部は自律神経失調症として診断されることもありますが、自律神経失調症が直接的な原因とは限りません。心のトラブルが影響している場合があり、そのため自律神経失調症はうつ病や神経症などの精神障害の一部だと勘違いしている人が多いようです。

一方、神経症には、漠然とした不安にとらわれる「不安神経症」、1日に何度も手を洗わないと気がすまないといった「強迫神経症」、自分は重病だと思い込む「心気神経症」などがあります。また、身体のさまざまな症状が繰り返し表れたり、その身体症状にこだわり続ける「身体表現性障害」というのも神経症の一つと言えます。これは身体症状が主体です。自律神経失調症と判断されたものの一部は、これらの精神疾患であることが明らかになることも多いのです。


▲ページの先頭へ戻る

新潟関屋整骨院のご案内

【住所】〒951-8162 新潟県新潟市中央区関屋本村町1丁目148-3 【電話】TEL:025-378-2266

新潟関屋整骨院景観
受付時間 土・祝・日
9:00~12:00 8:30~12:30
15:00~20:30 14:30~17:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

○ JR関屋駅から徒歩12分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

当院へお車でお越しの方、駐車場をご利用いただけます。

当院の前に駐車場9台あります。

関屋田町、関屋金鉢山町、関屋浜松町、関屋松波町、白山浦新町通など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方