悩みタイトル

顔や手足、体に帯をまくようにブツブツとした発疹、水ぶくれができた。 皮膚が赤くなって痒みがある。 皮膚に服が擦れると痛い、何もしてなくてもピリピリとした痛みや灼熱感がある。 神経痛のような痛みがある。 皮膚の症状が1週間ほど続いている。 頭痛や高熱が続いている。 子供のころに水ぼうそうを発症したことがある。 最近仕事や日常生活でストレスを感じる事が増えた。 免疫力が下がっている感じがする。

帯状疱疹後に対する当院の考え

帯状疱疹の原因はさまざまですが、当院では免疫力の低下を主な要因の一つとして考えています。 免疫力は「加齢、疲労、ストレス」といった要因によって、誰でも日常生活で低下する可能性があります。 通常、免疫力が高い状態では、帯状疱疹の原因である水痘・帯状疱疹ウイルスの活動を抑えることができますが、免疫力が低下するとウイルスの活動が活発化し、結果として帯状疱疹が発症する可能性が高まります。 そのため、当院では免疫力を常に高い状態で維持することが重要だと考えています。

帯状疱疹後を放っておくとどうなるのか

帯状疱疹は、早期発見と適切な施術をすることで後遺症を回避できる疾患です。 そのため、基本的には発症後の3日以内に受診することが推奨されています。 発疹や水ぶくれは自然に治る場合もありますが、施術が遅れると薬の効果が不十分になる可能性があり、頭痛や発熱などの全身症状を引き起こすリスクも高まります。 さらに、痛みが数ヶ月から数年にわたって持続することもあります。 特に首や頭部に発疹ができた場合、潜伏している帯状疱疹ウイルスが顔の神経や耳に影響を与え、顔面神経麻痺、味覚障害、聴覚障害などを引き起こす可能性があります。 お仕事や日常生活などが忙しかったりすると後回しになりがちですが、症状を長引かさないためにも早めに受診しましょう。

帯状疱疹後の軽減方法

帯状疱疹は、子供の頃に水ぼうそうを発症した方が、数年後に免疫力が低下した際に同じウイルスが再活性化し増殖することで引き起こる疾患です。 現在では医療が進歩し、抗ウイルス剤などが利用できますが、発症を予防するためには、体の免疫力を高めることが重要です。 特に40代から50代の年齢層では帯状疱疹のリスクが急激に増加し、70代から90代にかけては少しずつ発症率が減少します。 年齢に伴う免疫機能の低下や仕事や家事によるストレスが、発症しやすさに関与しています。 当院ではストレスの軽減を促進するために、ドライヘッドと呼ばれる施術を提供しています。頭蓋骨周りの筋肉のストレスを緩和し、脳への負担を軽減することができます。 免疫力の低下を防ぎ、ウイルスに対抗する体力を維持する効果が期待できます。

帯状疱疹後の軽減に効果的な当院の施術メニューは?

当院では帯状疱疹に対する施術メニューとして、鍼施術とドライヘッドを提供しています。 帯状疱疹は放置すると神経痛を引き起こす可能性があるため、早期の対策が大切です。 【鍼施術】 初期症状はもちろん、後遺症である神経痛の軽減に効果が期待できます。また、ストレスによる自律神経の乱れを整えることも可能です。 【ドライヘッド】 帯状疱疹の発症には疲労やストレスが関与することがあり、免疫力が低下すると発症しやすくなります。そのストレスや疲労に対抗するために、ドライヘッドも効果が期待できます。 また、疲労が溜まるほどの過度な運動は避け、十分な睡眠と栄養を摂取し、心身の安定を保つことを心がけましょう。

その施術を受けるとどう楽になるのか

帯状疱疹は、不定期に急激に悪化するわけではなく、身体に潜んでいたウィルスが免疫機能の低下によるストレス、過労、栄養不足などによって活性化されることが原因です。 市販の塗り薬は一時的な症状の軽減には役立ちますが、自身の免疫機能が向上しない限り、症状が再発したり治りが遅くなることがあります。 そのため、長期的にはストレス軽減が最も効果を期待できる対策と言えます。

軽減するために必要な施術頻度は?

帯状疱疹の施術頻度は毎日が推奨されます。帯状疱疹は放置すると神経痛を引き起こす可能性が高いため、早期の施術がとても重要です。 この疾患は、体の抵抗力が低下し、通常は抑えられていたウイルスが再活性化することで発症します。 予防のためには、日常から栄養のバランスを考えた食事、十分な睡眠、適度な運動などに気を付け、心身の健康を維持し、体力を低下させないように心がけることが大切です。