むちうちなら新潟関屋整骨院

新潟関屋トップ画像

腰痛・ぎっくり腰

新潟関屋整骨院の腰痛治療は、痛みを軽減するための対症療法ではなく、痛みの原因を特定し根治することを目的とした施術です。

こんなお悩みありませんか?

腰痛治療

  • ぎっくり腰を繰り返している
  • 少しかがむだけで腰に痛みを感じる
  • 立ち上がる時に腰に激痛が走る
  • 一日中座っている日が続いている

腰痛の原因

腰痛大国の日本

腰痛は「人間が二足歩行と引き換えに神に与えられた試練」と言われるように、日本人の約8割が生涯において腰痛を経験しているといわれています。原因は数多くありますが、ヨーロッパでは約50年前に「腰痛の主な原因は姿勢にある」と指摘されて以来、予防策が進み腰痛患者が激減したというデータが発表されています。一方で日本やアメリカでは根本的な原因追及は進んでおらず腰痛大国化しています。

続きを読む

腰痛には様々な原因がある

一般的に腰痛の原因は、腰部の筋肉に由来するもの、腰椎(骨)に由来するもの、周辺の神経に由来するものが大半を占めますが、中には内臓疾患(腸や腎臓、女性であれば子宮や卵巣)に由来するものや、骨盤への癌の転移、ストレスも腰痛の原因になるといわれており安易な自己診断は大変危険な場合もあります。

  • ∙ パソコン、デスクワークが日常
  • ∙ 重い荷物を持ってから・・・
  • ∙ 治療したけど、すぐ元に戻る
  • ∙ 車に乗る仕事なのに・・・
  • ∙ ギックリ腰になった・・・


腰痛の治療法

新潟関屋整骨院はあなたにあった治療法を

当院では柔整マッサージや温熱治療、鍼治療や先進電気治療、矯正治療を患者様の症状により組み合わせた「オーダーメイド治療」を行っています。また、患者様皆様が一様に心配される「痛くないですか?」も心配ありません。多くある治療のラインアップから選択しますので、無理なく、辛くなく続けていただくことができます。

腰痛には、なぜこの治療方法が良いのか

治療後は良いがすぐ元に戻ってしまう・・・

治療方法を決定するためにはまず原因を特定しなければなりません。筋肉由来の腰痛が大半を占めますが、硬くなった筋肉が痛みの原因ということは比較的容易に判断できても、「なぜ筋肉が硬くなったのか」が分からなければ、いわゆる対症療法になってしまいます。「治療後は良いがすぐ元に戻ってしまう」といった経験は、腰痛治療を行ったことのある方ならば誰しもあると思います。

続きを読む

新潟関屋整骨院の「腰痛治療」はここが違う

当院では原因の欄で述べた、ヨーロッパで指摘された「姿勢」が多くの腰痛の原因であると捉えています。「硬くなった筋肉を柔らかくする」ことは簡単ですが、「柔らかくなった筋肉を柔らかいままにする、硬くならないようにする」に重点を置いた治療を行っています。これにより腰痛の起こりにくい腰を作ることが可能となります。

悪い姿勢の癖を消し、正しい時の姿勢を思いださせる

姿勢は長年に渡ってその方に染みついた「癖」であり、「癖」は自分ではわからないことがほとんどです。私たちはまず腰痛の原因となりうる患者様の姿勢の「癖」を客観的に判断し、患者様に示し、正しい姿勢と現在の姿勢の違いを体験していただきます。多くの患者様は正しい姿勢に違和感を感じ、また元の姿勢に戻そうとしますが、当院では矯正治療を用いて患者様に正しい姿勢を「思い出していただく」ために一定間隔でこの治療を続けていきます。

悪い姿勢に違和感を感じ、自然と正しい姿勢に戻る

正しい姿勢が身についてくると、誤った姿勢に今度は違和感を感じるようになり自ら正しい姿勢をとろうとします。この状態を維持できるようになると、誤った姿勢が原因で起きた腰痛は治まり、正しい姿勢を続けている間は腰痛の起きづらい体環境を作ることができます(=予防)。

腰痛の治療の流れ

  1. まずは温熱治療と柔整マッサージで硬くなった筋肉をほぐします。
  2. 立位および座位にて体の前後左右のアンバランスをチェックします。
  3. アンバランスがあった場合は、客観的に正しい姿勢を取っていただき、通常の姿勢が正常ではないことを体感していただきます。
  4. 姿勢矯正を行います。
  5. ③の客観的に正しい姿勢を再び取っていただき、施術前後の違いを体感していただきます。
  6. 今後の施術プラン、矯正治療の頻度などを説明させていただき治療終了となります。
  7. ギックリ腰などの症状が強く出ている場合は、上記とは別に消炎処置を行い、急性期を過ぎた後、根本の原因を探ります。

大まかな流れはこちら「施術の流れ

腰痛の治療間隔

週2~3回

治療間隔は患者様それぞれの症状により異なりますが、治療の効果「最近腰痛が楽になったなぁ」と実感できるまでは最低でも週2~3回の施術が必要です(当院での施術は毎日行っていただいてもお体への悪影響はありません)。姿勢矯正も正しい姿勢を思い出していただくまでは、施術終了直後より馴れ親しんだ誤った姿勢に戻ろうとしますから、こちらも最低週2~3回の施術が必要となります。姿勢のチェックは来院された都度行いますが、正しい姿勢への安定が確認できましたら徐々に治療間隔を空けていきます。施術頻度につきましては今現状のお体の状態に照らし合せてご説明させていただきます。

治療のたびに元気をもらっています。

(※ご意見には個人差があります)

泉禎一さん【腰痛】

きっかけは何ですか?

以前、腰痛で通院していた整骨院が閉院したため、自宅近くで通院できそうな整骨院を探していたところ、外観が明るく清潔そうだったので当院に来院してみました。

どんな説明や治療を受けましたか?その時どう感じましたか?

前の整骨院での治療内容や現在の症状について、丁寧に詳しく問診して頂けたので、安心して治療を受けられると感じました。
当院のスタッフの皆さんが明るく元気よく親切に接してくれるので、治療のたびに「元気」をもらっています。

続きを読む

マッサージ後は体調が改善される。

(※ご意見には個人差があります)

クラさん【腰痛、歪み矯正】

きっかけは何ですか?

家が近いのでよく整骨院の前を通るが、いつも患者さんで一杯になっているので、治療効果を望めると思い、長期間通っていた整形外科の通院をやめ、当整骨院への切り替えを決心した。

どんな説明や治療を受けましたか?

腰痛だったので、マッサージを受け、身体のゆがみを矯正する治療を受けた。

治療を受けてどんな変化や効果が出ましたか

腰痛はかなり良くなったが、仕事が忙しい時は、首や肩のコリ、腰痛も悪化した。

通院される理由は?

スタッフの皆様、とても親しみやすく、マッサージ後は体調が改善されるから。

同じような症状でお悩みの方にメッセージはございませんか?

50肩で悩んでいる友人に、自分自身の体験から、整形外科より整骨院のほうが効果があると話をした所、友人も整骨院に通い始めた。
通常の受付は20時30分まで、祝祭日も営業しているのは仕事帰りや、休みの日に通えるのでとても便利です。

アクセスページへ >

  1. 腰痛関連でよくある質問と回答①

    明るい挨拶

    床のものを取ったり、靴ひもや靴下を履こうとすると痛みが出る方や、車の乗り降りで痛みが出る方。特に腰の骨の横に痛みが出ることが多い人
    →まず痛みが出ている時に痺れや激しく痛むことがありますか?それがあるようでしたら、さらに詳しく検査していきますね。
    もし、ないようでしたら動きと筋肉・骨盤の状態を見ていきますね!
    まず、筋肉の状態を説明すると筋肉がかなり固くなって閉まっています。特に痛みが出ている部分が。これが硬さが痛みを引き起こしてしまっています。
    次に骨盤の状態を説明すると、かなり骨盤が倒れる後傾という形になってしまっています。こうなると、今痛みが出ている筋肉がギューっと引き伸ばされてしまって、ブチンと切れてしまっているのが今の状態になります。
    最後に、動きの状態を説明すると、前屈みになる際に下半身の柔軟性が落ちてしまって腰に負担をかけています。
    この3つのことから全身の筋・骨盤のバランスが崩れてしまっていることが痛みの原因になっています。

  2. 腰痛関連でよくある質問と回答②

    明るい挨拶

    体を後ろにそった時や、天井を見ようと首を上に向けた時、うつ伏せから起き上がるときに痛みが出る方で特に腰の骨付近に痛みを訴える方
    → まず痛みが出ている時に痺れや激しく痛むことがありますか?それがあるようでしたら、さらに詳しく検査していきますね。
    もしないのでしたら、筋肉と骨盤、そして全体の動きの状態を見ていきますね。
    ます筋肉の状態からお伝えすると筋肉ものすごく固くなってしまっています。これが痛みが出ている証拠になります。
    簡単に説明すると、二の腕の力こぶを作ってください。ずっと作り続けてと言われたらどうですか?きついですよね。この力こぶの状態が腰に起こってしまっています。常に力が入って疲労している状態なんです。
    次に骨盤の状態を伝えると、骨盤が正しい位置から前側に倒れる前傾と言われる形になっています。この状態のまま体をそると骨と骨同士がぶつかって痛みがでてしまっているんです。
    最後に動きを確認すると太ももの前側の筋肉の柔軟性がかなり落ちて骨盤の動きを邪魔しています。
    この3つを解決していくのが最善の近道になります。

  3. 腰痛関連でよくある質問と回答③

    明るい挨拶

    体を横に倒した時に痛みが出る方、長時間片側のおしりに体重が乗っているもしくは足を組んでいる時や、横向きの寝ていて朝起き上がると腰が痛い方で特に腰の横側・片側に痛みを訴える方
    → まず痛みが出ている時に痺れや激しく痛むことがありますか?それがあるようでしたら、さらに詳しく検査していきますね。
    もしないのでしたら、筋肉と骨盤、そして全体の動きの状態を見ていきますね。
    まず、筋肉の状態からお伝えすると筋肉ものすごく固くなってしまっています。これが痛みが出ている証拠になります。左右についている筋肉が伸びているのに対してこっちは短くなってしまっています。そのことからどちらか一方に痛みが出ています。
    次に骨盤の状態をお伝えすると、左右の骨盤が上がってしまって正しい位置よりも斜めの状態になってしまっています。この状態で10年後、20年後放っておくと、側弯症と言って手術しなければいけないものになってしまいます。
    最後に動きを見ていくと、骨盤の高さが左右に違うことから、足の横側につく筋肉がかなり固くなってしまっています。この硬さが原因でぎっくり腰になりうることもあります。
    以上の3つのことを正しい位置・柔らかさに戻していくことが最善の近道になります。

  4. 腰痛関連でよくある質問と回答④

    姿勢矯正

    体を回した時に痛みが出る方、運転中左右確認を行う際に体をひねった時に痛みが出る方、寝返りを打った時に痛みが出る方で特に腰の横側に傷み訴える方
    → まず痛みが出ている時に痺れや激しく痛むことがありますか?それがあるようでしたら、さらに詳しく検査していきますね。
    もしないのでしたら、筋肉と骨盤、そして全体の動きの状態を見ていきますね。
    まず、筋肉の状態からお伝えすると筋肉ものすごく固くなってしまっています。これが痛みが出ている証拠になります。特に、太ももの筋肉・骨に近い筋肉・おしりの筋肉と言ったように広い範囲で硬さが出てしまっています。
    次に骨盤の状態をお伝えすると、正しい位置よりも骨盤が捻ってしまっています。
    この状態のまま腰を捻るとさらに筋肉に負担をかけてしまって痛みが出てしまっています。
    さらに骨盤が左右に捻ってしまっていると、体を全体のバランスを崩してしまい腰以外の痛みも出てきてしまいます。
    最後に動きを見ていくと、体を回す際に股関節につく大きい筋肉の硬さがかなり目立ちます。

    以上の3つのことを正しい位置・柔らかさに戻していくことが最善の近道になります。

  5. 腰痛関連でよくある質問と回答⑤

    明るい挨拶

    腰からお尻として足まで痺れ・痛みを伴う方や、足をあげると痺れが走る方、長時間痛みで座って居られない方

    →まず痛みが出ている時に痺れや激しく痛むことがありますか?それがあるようでしたら、さらに詳しく検査していきますね。
    それでは詳しく検査していきますね。
    立ったまま、後ろに沿って反対側の踵を見てください。この状態で痛み痺れはございますか?
    次に仰向けになって頂いて、膝を伸ばしたまま足伸ばして行きますね。(もしくはうつ伏せの状態で足を持ち上げていく)痺れ上がるようなので次に
    に感覚を調べますね。太もも触りますね。左右感覚の違いはありますか?スネ触りますね。左右感覚の違いはありますか?足の裏触りますね。左右感覚の違いはありますか?
    次に筋力テスト行いますね。太ももの筋力調べますね。次にスネについている筋力調べますね。ふくらはぎの筋力調べますね。
    今詳しく調べたところ、断定は出来ませんが、椎間板ヘルニアもしくは脊柱管狭窄症の疑いがあります。
    1度整形外科もしくは病院に行って頂き詳しく診断して頂いてください。
    その後、当院で治療させて頂きます。

▲ページの先頭へ戻る

新潟関屋整骨院のご案内

【住所】〒951-8162 新潟県新潟市中央区関屋本村町1丁目148-3 【電話】TEL:025-378-2266

新潟関屋整骨院景観
受付時間 土・祝・日
9:00~12:00 8:30~12:30
15:00~20:30 14:30~17:00

年中無休で営業 ※年末年始を除きます

当院までの地図

○ JR関屋駅から徒歩12分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

当院へお車でお越しの方、駐車場をご利用いただけます。

当院の前に駐車場9台あります。

関屋田町、関屋金鉢山町、関屋浜松町、関屋松波町、白山浦新町通など広く地域の方にお越しいただいております。

お気軽にお問い合わせください
  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る

該当する方をタップして下さい

初診 or 再診を選択して電話をおかけ下さい。

初診の方

再診の方